HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » ローコストで2階建ての家は建てられる?

ローコストで2階建ての家は建てられる?

コストカットが叶えられる建て方についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ローコストで2階建ての家を建てるには?

床面積はなるべく小さくする

広さとのバランスを考え全体費用を抑えるローコスト住宅といえども、坪単価以外の工事費や、オプションメニューを追加することで、結果的に想定よりも費用がかさんでしまいます。もちろん、追加するオプションを減らすことでも費用を抑えることはできますが、希望のメニューは残したままに費用を下げたいという方は、床面積を小さく設計した住宅にしてみると良いでしょう。柱などの材料や工事の工程が減るので、全体費用を抑えることができます。

また、ワンルームのようなシンプルな間取りにすることで、広く土地を活かすことができます。ただし、はじめに大きな面積で設計したものを、後になって小さく設計し直すとなると時間、労力がかかるため避けるのが無難です。

「総二階建て」のようなシンプルなデザインの家

総二階建てと呼ばれる、1階と2階が同じ面積の設計がおすすめです。

なぜコストが抑えられるのかというと、1階の床面積を小さくすると、その分基礎、土台も抑えた面積にできるからです。外壁と同様、基礎や土台の施工には多額の費用がかかります。面積の差はコストに大きく反映されます。

さらに、屋根の形状がシンプルになることもあげられます。1階より2階が小さい設計になると、1階部分にも屋根が必要になります。そして、施工の手間が増えるのです。2階のみに屋根をつける総二階、加えて屋根の形状を単純なデザインにすることで、さらにコストカットができるでしょう。

浴室・トイレなどの水まわりをまとめる

水まわりの設計では、配管を意識するのがポイントです。浴室、キッチン、トイレなどの配置が散らばると、配管が複雑になってしまいます。こうなると、作業工程や部材でコストがかかりやすいので、できる限り一カ所にまとめることをおすすめします。

なお、ローコスト住宅の場合では、トイレやキッチンにおける規格を外れた設備はオプションとして別料金となることがあります。また、家庭環境が変化した場合も想定し、本当に必要な水まわり設備を家族で相談することも必要です。

間仕切りを少なくする

ひとつの居室をなるべくオープンにして、部屋の数をなるべく減らすと、コストが抑えやすいです。部屋の数が多ければ多いほど、間仕切り壁を作るための材料費や施工費がかかり、さらには出入りするためのドアや、部屋ごとの照明や冷暖房設備も必要になります。特にドアや引き戸の増量はコストアップにそのまま繋がります。家族でワークスペースなどを共有したい場合も、独立した個室として作るのではなく、リビングダイニングの中にコーナーとして設計するという手もあります。

ほかにも、廊下を排除して居室と水回りを直接つないだり、子どもが2人以上いても個室ではなく、ワンルームの中で家具やパーティションで仕切りスペースを確保したり、などの生活上の工夫もコストカットに効果があります。

しかしその一方、壁が少ないことで冷暖房効率が落ちる、収納が不足しやすい、くつろぐ居室で、作業音が気になるなどのデメリットもあります。なんでもオープンすればよいのではなく、あくまでも暮らしていく様子を具体的に想像しながら考え、選んでいくことを忘れないようにしましょう。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:32.8万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る