HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » 小さなローコスト住宅でもたっぷり収納できるアイデアを紹介

小さなローコスト住宅でもたっぷり収納できるアイデアを紹介

1.玄関付近に奥行きの浅い納戸を設けると良い

ローコスト住宅では、基本的に間口が広めで奥行きが浅い収納を設けるのが良いとされています。

なぜなら、間口が狭いとせっかくのスペースがもったいないですし、奥行きが深すぎると物を出し入れしにくいという難点が生まれてしまうからです。

特に、小さな子どもがいる家庭などでは、子どもが外から帰ってきた際に、汚れた靴やおもちゃ、遊び道具などがすぐにしまえるように、玄関付近に納戸を設けると良いでしょう。

納戸のスペースを上下に分けるように仕切りを入れてもいいですし、引き出しのついたケースを入れておくのもいいでしょう。

その際に、子ども用品はできるだけ下の方に、それ以外のものは上の方にしまえば出し入れも楽です。 

玄関付近にはデッドスペースが生まれがちで、後から「ここに収納があれば……」と後悔しないように、小さな隙間にもちょっとした収納を設けておくと良いです。

2.奥行きのあるキッチンカウンターで細かな調理器具を収納

家の中でも意外と多くの収納スペースを必要とするのがキッチンです。

キッチンには、食器や調理器具、調味料などすぐ使えるように置いておきたいものがたくさんあります。

しかし、棚をいくつも並べることは、スペースが少ない家ではあまり現実的ではありません。

そこで、キッチンの間取りに余裕を持たせ、奥行きのあるカウンターキッチンにして、カウンターの中に細かな収納棚を設けることで、キッチン周りに必要な細かいものが全て収まるようになります。

また、壁際にも収納棚を設置しておけば、使用頻度の高いものはすぐに取り出せます。

3.階段下のスペースも収納場所にする

案外見落としがちなのが、階段下のスペースなので、小さな家で収納の量に不安があるという方は、是非、階段下のスペースをチェックしてみてください。 

直階段は、シンプルかつ低コストで設置可能なので、階段下に収納を設けることもできます。

階段下に収納が一つあるだけでも、普段は使用しないものや個々の部屋の収納だけでは収まらなかったものなどをしまっておくのに非常に便利です。

しかし、階段下の収納は、暗くなりがちなので、夜間のことも考えて、ライトを設置しておくこともおすすめします。

4.部屋に収納スペースがないのなら壁一面を収納に

ローコスト住宅では、リビングやキッチンの間取りを重視する傾向にあるため、個々の部屋の間取りは、どうしても狭くなりがちです。

もちろん、布団や暖房・冷房器具、衣類などの季節用品を収納する最低限のスペースは必要です。

しかし、それ以外の趣味のアイテムや本、コレクションなどをしまう場所がないというのであれば、いっそのこと壁一面を収納スペースにしてしまうのもひとつの手です。

例えば、壁全面に等間隔のボックスをいくつも作り、無駄なスペースが生まれないようにします。

そうすることで、小さなものをたくさん置くことができますし、どこに何があるのか一目瞭然です。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:32.8万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る