HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » 耐震性は大丈夫?福岡のローコスト住宅の耐震対策と費用について

耐震性は大丈夫?福岡のローコスト住宅の耐震対策と費用について

福岡で住宅購入を考えている方へ向けローコスト住宅の耐震性と費用について解説します。

ローコスト住宅でも耐震対策はされている

ローコスト住宅だと、費用面での安さから「耐震対策はされているのか」「地震が来ても大丈夫?」と気になる方も多いのではないでしょうか。結論から言えば、福岡のローコスト住宅は、ほとんどの所で耐震対策がされています。

日本では建築基準法によって、1~3の耐震等級が定められています。

  • 耐震等級1…震度5強までの揺れなら無傷。震度6弱~震度7の地震でも倒壊しない。
  • 耐震等級2…耐震等級1と比較して、約1.25倍の強度がある家
  • 耐震等級3…耐震等級1と比較して、約1.50倍の強度がある家

さらに建物を建てる時には、最低でも耐震等級1の強度を満たさなければいけないと建築基準法で定められています。法律で決められている上に、首都直下型や南海トラフなどの大地震が近年起きる確率が高いと言われているので、ローコスト住宅でも耐震対策を怠らないことが多いのです。

ローコスト住宅の耐震性はどのくらい?

福岡のローコスト住宅を見てみると、最高等級の「耐震等級3」を採用しているところも少なくありません。ただし、なかには耐震等級3「相当」と表記している場合もあります。耐震等級3と、耐震等級3相当には違いがあるのでしょうか。

耐震等級3相当とは、耐震等級3の認定を正式に受けた住宅ではなく、「耐震等級3に限りなく近い耐震性を持つ住宅」という意味です。実は、耐震等級3を取得するには構造計算などの費用がかかってしまうため、住宅メーカー側がコストカットのために認定を受けていない場合があるのです。

ただし、長期優良住宅における耐震性の条件は「耐震等級2」となっています。耐震等級2よりも耐震等級3相当の方が当然耐震性は高いので、あまり気にしなくても問題ありません。

一方で、「耐震等級2」としている福岡のローコスト住宅もあります。耐震等級3相当よりも耐震性は当然落ちますので、不安になる方も多いかもしれません。

ですが、長期優良住宅の条件は耐震等級2です。また、昔と今を比較すると住宅建築に関する技術力も飛躍的に伸びているため、同じ耐震等級2でも、今の住宅の方がはるかに地震に強い、しっかりした造りになっていると考えてよいでしょう。

耐震対策が記載されていないローコスト住宅は?

耐震等級や具体的な耐震対策については、ローコスト住宅メーカーのホームページ内に記載されていることが多いです。ところが、これらの記載のない福岡のローコスト住宅の場合はどうでしょうか?

ローコスト住宅の中でも、特に費用面が低くなる超ローコスト住宅では、ホームページ上で耐震対策に関する記載をしていない場合もあります。実際に、耐震対策に大きなコストをかけない代わりに超ローコストを実現している住宅メーカーもありますので、心配になる方も多いのではないでしょうか。

この場合は、より詳細な情報を得るために資料請求をしてみましょう。耐震等級や対策についても資料内なら記述が見つかりますので、耐震面で納得のいくローコスト住宅選びに繋がります。

費用面で折り合いがつかない場合は?

耐震等級2では不安があるため、せめて耐震等級3相当のローコスト住宅にしたいと考えると、どうしてもその分だけ費用が上乗せされることになります。前述の通り、今では耐震等級2でも十分しっかりとした造りになっています。

費用と耐震対策面で折り合いを付けたい時には、住宅ローン返済の年数や金利、お子さんの数やご自身の定年年齢など、ライフプランも考慮しながら、費用を算出するのがおすすめです。

大きな地震が起きても安心して住める住宅を重視するか、内装や間取り、部屋数を重視するかは、当然、各家庭によって異なります。耐震面も含めて、納得のいくローコスト住宅選びができるようにしましょう。

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る