フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の違い

注文住宅を検討する際に悩むのが、フルオーダーにするかセミオーダーにするのかということです。フルオーダー住宅にはフルオーダー住宅の良さがあり、セミオーダー住宅にはセミオーダー住宅の良さがあります。両者の違いについて知り、メリットとデメリットを踏まえたうえで、自分に合った方を選択しましょう。

フルオーダー住宅

フルオーダーのメリット

フルオーダー住宅のメリットはすべてを自由に決定できることです。一生ものの家を自分好みに設計できるのは大きなメリットと言えるでしょう。既に完成した住宅や、セミオーダーの住宅を購入する場合、どこかに不満があっても妥協せざるを得ません。しかし、フルオーダー住宅の場合は、外観から間取りにいたるまで、すべて納得いくまでデザインできます。予算を調節することも可能であり、無理のない範囲でオリジナルの家づくりができるでしょう。

フルオーダーのデメリット

セミオーダー住宅よりも価格が高い点がフルオーダーのデメリットです。大抵フルオーダー住宅は、建築資材や設備機器を別で購入するため、必要となる工事が増え、費用がかさみます。また完成した際のイメージがしにくいのもデメリットの一つであり、予算オーバーも念頭に入れておくことが大切です。

フルオーダーの家はこんな人におすすめ

こだわりの強い人や納得のいく家づくりをしたいと考えている人にフルオーダーの家がおすすめです。デザインや素材など、細部まで自分らしさの詰まった家造りがしたいのであればフルオーダーがぴったり。職人さんスタッフと話し合いをする工程からワクワクを感じられるでしょう。

セミオーダー住宅

セミオーダーのメリット

セミオーダー住宅のメリットは、フルオーダーの住宅に比べて費用が安く済むことにあります。セミオーダーの住宅は、ある程度決まっている間取りやデザインの中から選ぶので、業者との打ち合わせもしやすいです。会社側が主体となって全体的なプランを提示してくれるため、話し合いも短時間で済むでしょう。

資金計画が立てやすいのも魅力の一つです。色やオプションの追加など、建材や設備などとは異なり、専門的な知識が必要なくても、提示された内容を選択するだけでOKです。

セミオーダーのデメリット

フルオーダーよりも自由度が低い点が、セミオーダーのデメリットです。セミオーダー住宅でもある程度オプションなどを選択することができますが、フルオーダーには及びません。

また、打ち合わせをしていく中でいろいろと要望が沸き上がり、結果的には間取りを変更したくなる可能性もあります。そのようなことになったとき、入居するまでの時間が延びるだけでなく、打ち合わせが増えたり、費用がかさんだりなど負担がかかるでしょう。

セミオーダーの家はこんな人におすすめ

セミオーダーの家は、展示場やショールームなどを見たり、打ち合わせの時間にあまり時間を割きたくない人に向いています。はじめからある程度パターンが決められているため、スムーズに話を進められます。完成後のイメージがしやすい家や、コストの想定のしやすさを重視している人におすすめです。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:29.9万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る