HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » ローコスト住宅でも自然素材を使えるのかを解説!

ローコスト住宅でも自然素材を使えるのかを解説!

ローコスト住宅でも自然素材を使った住宅にしたい・自然素材って使えるのか気になるという方もいると思います。こちらではローコスト住宅で自然素材を採用できるか?自然素材を使うコツをご紹介します。

ローコスト住宅でも自然素材は採り入れられるか

ローコスト住宅であっても自然素材を取り入れた住宅にすることが可能です。通常の建材でローコスト住宅を建てた場合には長く住むのには向かず、50年後に大規模なリフォームが必要になるというリスクがあります。

自然素材で作られた家は他の建材で作られた家に比べて、建材がなくなっているというリスクが低く、同じような建材を入手しやすくなっています。

また、気の本来持つ調湿性を活かして冷暖房コストを他の建材に比べて抑えることができます。通常のローコスト住宅よりもコストは高くなりますが、長い目で見ると費用を抑えた住宅にすることができます。

ローコスト住宅でも自然素材を使うためには?

予算配分のバランスを取る

ローコスト住宅で天然素材を使用する場合には、予算配分のバランスをしっかりと取ることが大切です。基礎や構造の躯体・断熱性などの住宅の性能や耐久性などにも関わる部分にしっかりとお金をかけたい・天然素材を使用したい場合にはそれ以外の外観・内装のデザイン・飾りをシンプルにしましょう。お金をかけたい部分はしっかりと予算をまわし、他の部分にはあまり必要以上に予算をかけないようにして全体のバランスをとることが大切です。

風合いを活用するため過度な加工は控える

自然素材を使用する場合には風合いを生かすためにも過度な加工は必要ありません。自然素材を風合いを活かせる上に予算の節約にもなります。天井や床・壁などに木材をはじめとしたたくさんの自然素材を使用することで自然素材の柔らかい雰囲気と過ごしやすい住まいを作ることにつながります。

住宅に自然素材を採り入れた方が良い理由とは?

体に優しい素材で安心

新築の住宅を建てた際にシックハウス症候群や化学物質過敏症などの症状を引き起こす物質が建材に含まれ、住む家族が体調を崩してしまうことがあります。自然素材を使用した家にすることで建てた時もリフォームや建て替えが将来必要になった場合にも有害物質が発生する不安が少なくなります。健康にも環境にも優しい体に優しい素材に囲まれて過ごすことができます。

自然素材の調湿効果で快適に過ごせる

自然素材には調湿効果を持っており、湿度も温度も高くなりがちな夏も寒く乾燥する冬も快適に過ごしやすいように調節することができます。天然素材を使った住宅にすることで1年間の気温差が大きい日本でも過ごしやすい住宅にすることができます。

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る