福岡で建てるローコスト住宅完全ガイド » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » ローコスト住宅のキッチン!設置する際のポイントは?

ローコスト住宅のキッチン!設置する際のポイントは?

ローコストで注文住宅を作る際には、さまざまな点に気をつけなくてはいけません。キッチンの設置もそのひとつ。キッチンは毎日使う場所なので、使いづらいと毎日の家事もやりにくくなってしまいます。ここでは、キッチンを設置するポイントを4つピックアップしてみました。

ローコストの注文住宅でキッチンを設置する際のポイント

キッチンの高さ

毎日使うものだからこそキッチンの高さをどう考えるのかは重要なポイントです。人によって背丈が違うように、使う人に合ったキッチンの高さもまた人それぞれで変わります。そのため、キッチンを設置する際には使う人の背丈に合った高さにしておくことが大切なのです。毎日の家事にかかる労力を抑え、使う人の背丈に適した高さのキッチンであれば家事も疲れず安全にできますし、腰痛や肩こりの予防にもなるのです。理想的なキッチンの高さは、「床から天板までの距離=身長÷2+5cm」で計算するといいでしょう。

ウォールキャビネットの高さ

キッチンと並んで適した高さにしなくてはいけないのがウォールキャビネットです。食器や調味料などをしまっておくウォールキャビネットの位置が高すぎると、物を取るときに背伸びしなくてはいけません。また、あまりに高いと踏み台などを使わなくてはいけなくなりますが、そうなると転倒や転落の危険性が増してしまいます。ウォールキャビネットを設置する際には、床からウォールキャビネットの底面までの長さに注意しましょう。ウォールキャビネットの適切な高さは、「床からウォールキャビネットの底までの距離=145cm程度」の式で考えるといいでしょう。

通路幅の広さ

キッチンの設備が充実していると思いきや、通路が狭くなってしまいかえって使いづらくなってしまったというのはよくある失敗です。キッチンを設計する際には、かならず行動しやすい通路幅を確保しておくことを考えましょう。キッチンの理想的な通路幅は、大人一人分なら90cm、二人分なら120cmが目安と言われています。もちろん、できるだけ広い通路幅を確保していたほうが使いやすいですが、キッチンのスペースやほかの部屋とのバランスを考えて通路幅を決めましょう。

収納スペースの場所・容量

キッチンには、食器や調味料、食材などのたくさんの物品が集まります。そのため、十分な収納スペースを確保しておくことが大切です。キッチンの収納スペースは、ウォールキャビネットの容量でカスタマイズできます。ウォールキャビネットは主に、高さが900mmのロングサイズ、700mmのミドルサイズ、500mmのショートサイズの3種類に分かれます。もちろん、単純な容量だけで見るならロングサイズがいちばん大きくなりますが、キッチンのスペースや食器の数などでそのキッチンに適したウォールキャビネットのサイズは変わってくるので、そこで実際に生活することを想定しながら適切なサイズを選びましょう。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:29.9万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る