HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » 手軽にできるローコスト住宅のおしゃれなアイデア5選【福岡】

手軽にできるローコスト住宅のおしゃれなアイデア5選【福岡】

福岡でローコスト住宅を建てたら、家の中もおしゃれにしたいですね。

ローコスト住宅をおしゃれにするのに高級な家具などは必要ありません。工夫次第で魅力ある空間へと変えることができるのです。

室内のイメージカラーを計画

室内のイメージカラーを計画して居心地の良い空間を目指しましょう。

室内の基本となる色を決めることが、はじめの一歩となります。

大きめのスケッチブックに色鉛筆で各部屋のイメージカラーを計画しておくと、住宅全体に統一感ができ、おしゃれ度がアップします。また、家具や雑貨を購入する際にもイメージカラーを決めておくとスムーズに選ぶことができるメリットもあります。

色が人間に影響を及ぼしているのは広く知られています。

有名な具体例として「赤色」といえば警戒心や危険を連想、「青色」といえば精神的にリラックスさせる効果などが挙げられるでしょう。

観葉植物で自然の息吹を感じよう

観葉植物は室内の雰囲気を手軽に変えられる室内インテリアとして人気があります。観葉植物を置くことによって自然の息吹を感じられ、リラックスできます。

また、観葉植物の光合成により二酸化炭層を減らし酸素を増やすことができるため、室内の空気が循環しフレッシュな空間になります

水やりなどの毎日の手入れによってスクスクと育っていく姿はガーデニングに近い達成感を得られることでしょう。これから観葉植物を育てるなら、日陰でも育つ「サンスベリア」「パキラ」などがおススメです。

間接照明で立体感を演出

間接照明は光と影の影響で立体感を演出することができます。立体感を演出するには設置する際に光源をうまく隠すことがポイントです。

間接照明を選ぶ際に重要なのは光の色調を部屋のカラーと合わせること。間接照明に使われるランプの色調は大きく分けて「昼光色」「昼白色」「電球色」があります。温かみのある色合いの電球色がリラックスできる空間を演出できるためおススメです。

絵画を飾る

お部屋の雰囲気を一変させてしまうほどの力があるのが絵画の魅力。安らぎを与える絵画やインスピレーションを刺激する絵画、自分自身のアイデンティティを表現する方法の一つとして絵画を飾るのもよいでしょう。

絵画は飾り方によっても受ける印象が変わります。 壁一面にさまざまな絵画を飾る方法や、床にダイレクトに一枚だけ飾る方法など持ち主の個性が試されます。

マスキングテープで壁をおしゃれにデコレーション

インテリア業界から注目が集まっているのが、マスキングテープを使って壁をデコレーションする方法。

マスキングテープといえば黄色の紙テープをイメージされる方が多いかもしれませんが、最近では数え切れないほどの種類が販売されています。

さまざまな色のマスキングテープはもちろんのこと、2色のものや凝ったデザインのものまで幅広く用意されており、イメージしたデコレーションを実現するのに困ることはないでしょう。

もし壁のデコレーションに失敗しても、壁を傷つけずに剥がすことができるので安心して挑戦することができます。壁にきれいな直線を引きたいときは鉛筆などで下書きをせずに糸を活用するのがおススメです。

マスキングテープでのデコレーションはペンキのような塗装と違って匂いもせず、飽きたらすぐに剥がせるので積極的にデコレーションしていきたいですね。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:32.8万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る