工務店とハウスメーカーの違いについて解説

注文住宅の依頼先として、工務店かハウスメーカーを選択する方は少なくないでしょう。両者には違いがあり、どちらを選んでも同じではありません。ここでは、工務店とハウスメーカーの違いについて、また工務店・ハウスメーカーを選ぶポイントについて解説していますので、参考にしてみてください。

工務店とハウスメーカーの違いは?

工務店とは

工務店とは、住宅の施工管理をメインとする業者です。もっぱら建物本体の施工に関わる仕事を担い、工事全体を総合的に管理します。全国展開している業者もありますが、その多くは小規模経営で地域密着型の営業を行っているのが特徴です。土地探しから竣工までサポートする業者、デザインも請け負う業者、下請けの施工業務に専念する業者など、工務店にも複数の種類があります。

工務店のメリット

工務店のメリットの一つは、希望通りの家を作りやすいことです。ハウスメーカーの場合は決められた仕様の範囲でしか要望通りに施工することしかできませんが、工務店の場合は設計の自由度が比較的高いため、希望が通りやすく、予算の範囲で自由な設計と個性的な間取りがつくれます。

費用が安いのも工務店のメリットです。ハウスメーカーの場合は宣伝広告に多くの費用がかかるため建築費用も高くなりますが、工務店の場合は広告費をかけないところが多いので、ローコスト住宅を目指しやすいです。

工務店のデメリット

工務店のデメリットの一つは、工期が長くかかることです。地域密着型の工務店は特にそうですが、建築材料の仕入れから加工、施工までの工程がシステム化(標準化)されていない場合が多く、業務のムダが生じやすく、工期が長びく傾向にあります。

工事品質のばらつきが出やすいのも工務店のデメリットです。ハウスメーカーの場合は施工の標準化が進んでいるため、クオリティのばらつきは少ないですが、工務店の場合は標準化されていないことに加え、業者によって建築技術に違いがあるため、品質にばらつきができます。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーの正確な定義はありませんが、一般的には、自社ブランドを有し全国展開している住宅建設会社です。資本的に企業規模の大きな会社が多いのが特徴で、全国に支社や支店を持つなどネットワークを張り巡らせています。標準化(システム化)が進んでいるのも特徴です。ハウスメーカーでは、設計、部材、工法の規格化と合理化が図られており、自由度は低いものの、工期通りに施工が進められていきます。

ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーを利用するメリットの一つは、工期を短縮できることです。ハウスメーカーでは部材や工法など施工標準化により、様々な無駄を排除して、合理的な施工による短工期に力を入れています。そして、標準化により品質レベルにばらつきが出にくく、クオリティが安定しているのも利点です。

さらに、ハウスメーカーはサポート体制もしっかりしています。長期保証や定期点検、種々のアフターサービスが受けられるなど、工事が完了した後にも対応しているところが多いです。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーのデメリットの一つは、設計や間取りの自由度が制限されてしまうことです。ハウスメーカーでは定まったプランや仕様の中から、条件に合ったものを選ぶという形になるため、他にはない個性的な家を建てることが難しくなります。

また、建築費用が高くなりやすいのもデメリットです。ハウスメーカーでは工務店とは違って広告宣伝に多くの費用をかけているため、その分のコストが価格転嫁され、住宅価格が高くなる傾向があります。地域密着型営業ではないため、アフターサービスが遅れやすいのも短所でしょう。

工務店・ハウスメーカーの選ぶポイントは?

工務店・ハウスメーカーの違いを踏まえたうえで、それぞれ業者を選ぶときのポイントを紹介します。

担当者の対応力

担当者の対応力は、その会社の実力や信頼性を見極める大事な要素の一つです。工務店であれハウスメーカーであれ、信用の置ける会社は営業担当者がしっかりしています。自社の商品やプランを分かりやすく説明できるのはもちろん、希望のデザインや工法など顧客ニーズを汲み取る力、家や施工、予算、保証に関する幅広い知識とプレゼンスキル、言葉遣い、礼儀、電話対応、メール対応の早さなどをチェックする必要があります。

施工実績

これまでの施工実績の多さは、その会社の経験、技術、対応力の広さを測る物差しになります。施工実績が多いほど、より多くの技術と経験を備えていることになり、施主の要望にも広く対応できるでしょう。逆に施工実績の少ない会社は、経験値や技術の蓄積が低いため、多彩な要望に対応できない可能性があります。工務店・ハウスメーカーの施工棟数や施工事例はしっかり確認しておきましょう。

口コミや評判

工務店やハウスメーカーの実力や信頼性は、実際に業者に頼んで家を建てた人の口コミや評判で分かる場合もあります。経験者が語る口コミ評価ですから、全て鵜呑みにはできなくとも、業者選びの参考になる情報が少なくありません。技術、デザイン、提案力、住宅性能、職人の印象、対応、雰囲気、アフターサービスのことなど、チェックポイントを決めたうえで気になる業者の口コミをチェックしてみましょう。

コストなどの価格面

住宅価格をはじめ費用面に着目して業者を選ぶ場合は、工務店とハウスメーカーを分けて考える必要があります。一般的に、ローコスト住宅を建てたいと思う方には工務店が適しています。工務店は広告宣伝に多額の費用をかけていないため、その分の価格上乗せがなく、比較的低価格で家が建てられるからです。一方、広告宣伝に力を入れているハウスメーカーは、工務店に比べて価格が高くなりがちです。ただし、安いプランの住宅を選んでオプションは何も付けない、または決算期前などキャンペーンが実施されるタイミングで申し込めば、コスト削減が可能です。

技術力、工法や工期

家を建てるならクオリティを重視する、という方も多いかもしれません。クオリティ重視で業者を選ぶ場合は、候補に挙げた業者の施工技術、得意な工法、工期を比較してみましょう。技術の高い業者なら、品質レベルの高い家が建てられます。施主が希望する工法を得意とする業者なら、施主が注文したい家を作ることができます。そして工期短縮ができれば、コストの削減につながります。

デザインや設計の自由度

外観重視で家を建てたい場合は、工務店・ハウスメーカーを含めて各業者のデザインの傾向や、設計の自由度を比較してみる必要があります。施主に好みのデザインがあっても、それを汲み取れるかどうかは施工会社次第です。各業者の公式サイトにアクセスし、外観・内装デザインに関する施工事例をチェックしてみてください。その会社の得意なデザインや傾向が見えてくるはずです。

アフターメンテナンス

工事完成後のアフターメンテナンスも重要な業者選びのポイントです。今はピカピカの新築でも、時間が経てば徐々に衰えて劣化していきます。長く安心して住み続けるためには、完成後の定期点検やメンテナンスが欠かせません。業者ごとにアフターフォローやアフターサービスをどれぐらい充実させているか、「内容」や「期間」に着目しながら比較してみましょう。有償か無償か?保証内容は延長可能か?といった視点も重要です。

土地探しなどのフォロー体制

注文住宅を建てる際の土地探しに、苦労したり失敗するケースは少なくありません。土地選びの基準が高すぎたり、曖昧だったりして、なかなか理想の土地に巡り会うことができないからです。そんなとき、土地探しなどのフォロー体制を整えている工務店やハウスメーカーがあれば、とても助かります。プロの視点で土地探しを手伝ってもらうことで、失敗を避けられるでしょう。

また、プロのサポートを受けることで、建物の建築費用を考慮したバランスのいい予算配分が可能になります。土地と建物を含めた住宅ローンの相談に乗ってくれる業者なら、住宅ローンの手続きもスムーズになるでしょう。

まとめ

工務店とハウスメーカーはそれぞれに違いがあり、どちらが良いと一概には言えません。それぞれの特徴を知り、自分に合った会社を選ぶのがよいでしょう。設計・施工の自由度の高さなら、工務店に優位性があるでしょう。一方、施工品質や住宅性能の安定性、工期の短さではハウスメーカーに軍配が上がります。

工務店・ハウスメーカーのどちらを選ぶにしても、要望を汲み取ってくれる業者に依頼することが大切です。担当者の対応力や施工実績、口コミ評判、価格面、技術力、工法、デザイン、アフターサービスなど、自分が重視するポイントを比較したうえで、ぴったりマッチする業者を見極めましょう。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:29.9万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。(2021年11月時点、公式HPで確認ができません)

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る