HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » ローコスト住宅の工法の種類

ローコスト住宅の工法の種類

住宅を検討する場合、インテリアや外構など目に見える部分で比較しがちですが、大切なのは目に見えない家の骨組みとも言える工法です。家の機能性や間取りを左右する部分でもあり、理想の戸建てを建てるためにはチェックしておきたいポイント。ここでは、日本の戸建て住宅の主な工法とそれぞれの特徴をご紹介します。

木造軸組在来工法

日本に古くからある戸建ての工法です。柱と梁で家の骨組みを作っていきます。そこに強度を増すための筋交いを斜めに入れることで、横方向からの衝撃にも耐えられるような工夫がされているところが特徴。

この工法のメリットは、材料が安くコストダウンができるところです。木材の材質にもよりますが主に木材を使って組立てていくため、材料費が安くなる傾向が。また、日本らしい和風のデザインや木の温かみや天然素材の風合いを生かしたインテリアを好む人にも向いています。

湿気に弱いところがデメリット

木造軸組在来工法のデメリットとして挙げられるのは、湿気に弱いというところ。これは木の性質上吸湿性が高く、換気ができない屋根裏や床下に湿気が溜まってしまうから。湿気が溜まると腐朽したりシロアリの被害にあいやすくなったりします。そのため、湿気の多い地域には向いていないかもしれません。

また、木材は鉄やコンクリートに比べると、どうしても強度に劣ってしまいます。そのため、一定量の筋交いを入れる必要があり大空間を作ることが難しい場合があります。

鉄骨組工法

木造軸組在来工法で使用している木材を「鉄」に変えたのが鉄骨組工法です。そのため、基本的な構造は木造軸組在来工法と変わりません。しかし、木材よりも強度がある鉄を使用することで、壁や柱の数を減らすことができるようになりました。そのため、間取りの自由度が高いところがメリット。大空間を作ったり大きな窓を取ったりと他にはない自由設計にこだわりたい人にも向いています。

断熱方法に工夫が必要

鉄の特性として、熱しやすく冷めやすいというところがあります。そのため、鉄骨組工法は外気温の影響を受けやすく、寒さや暑さを通しやすい傾向が。壁と部屋の中の温暖差が生じやすく結露が起こりやすいとも言われています。また、中長期的な住み心地を考えると断熱方法の工夫が必要不可欠ですが、断熱材などの材料にもこだわることでコストが上がってしまう場合があります。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、面で建物を支えているところが大きな特徴です。1部屋あたりの広さがある程度決まっており、材料の寸法や釘なども規格化されています。そのため、ハウスメーカーによっては1部屋分ずつ工場で作り、現場で組み立てるという場合も。職人の腕により完成度が左右されないので、均一の仕上がりになるところがメリットです。

また、材料寸法などが決まっているので大量発注ができ、仕入のコストを下げることが可能。そのため、他の工法よりもローコストで建てることができる工法です。また、面全体で家を支えているので左右上下どの方向からの衝撃にも強いと言われています。

間取りの自由度は低め

ツーバイフォー工法は、壁の枚数や配置方法により家全体を支えています。そのため、間取りの自由度は低めで、壁をなくすことができない部分や窓を取ることができない部分が。シンプルな間取りでコストを抑えたいという人に向いている工法です。

鉄筋コンクリート工法

鉄筋を網の目状にしてそこにコンクリートを流し込み柱や梁、壁などの構造を作っていきます。それぞれの材料の弱点を補い合うことで強度の高い構造となっているところがメリットです。防音性が高いのはもちろんのこと、耐久性や耐震性にも優れています。そのため、高層ビルやマンションなどの大型建築物でも採用されることが多い工法です。

コストがかかってしまうところが難点

鉄筋コンクリート工法は工程が多いのはもちろんのこと、さまざまな材料を使用します。また、工程の分だけ人件費もかかるのでどうしてもコストが高くなってしまうところがデメリット。他にも、コンクリートも鉄と同じように熱しやすく冷めやすいという性質があります。そのため、断熱方法にも工夫を凝らすがあり、コストダウンがなかなか難しい工法です。

戸建て住宅の工法をしっかり理解し夢のマイホームを!

今回は、ローコスト住宅を検討するときに、チェックしておきたいポイント、戸建て住宅の工法について解説しました。広報は住み心地を左右する、非常に大きな要素となります。

戸建て住宅の広報について、しっかりと理解し、素敵なマイホームを手に入れてください。

坪単価を徹底調査!
福岡のおすすめローコスト住宅3選

当サイトで紹介している注文住宅会社の中から、長期優良住宅の性能が標準搭載で、一級建築士事務所登録されている、性能もデザインも安心できる3社を参考坪単価が安い順に紹介。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

吉源工務店

参考坪単価:32.8万

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。
※坪単価は60坪の場合

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

昭和建設

参考坪単価:53.3万

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。
※坪単価は条件によって異なります。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る

コスモレーベン

参考坪単価:60万

宮崎県の飫肥杉や奈良県の吉野檜など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。
※坪単価は条件によって異なります。

コスモレーベンの
施工事例を公式サイトで見る