HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » ローコスト住宅の保証・アフターサービスを確認

ローコスト住宅の保証・アフターサービスを確認

ローコスト住宅を購入する場合であっても、アフターサービスの内容と条件を十分に確認し必要な保証が付いているかといった点についても理解しておくことが大切です。特に地盤の問題とシロアリの問題はメーカー側と責任の所在について争うことが多いため事前に十分確認をしておくことが重要です。

ローコスト住宅ってどんなもの?

たくさんの住宅

ローコスト住宅は価格が安いのが最も大きなメリットですが、それだけではありません。通常の住宅に比べて遜色のない住み心地や構造を実現するために様々な点に工夫をこらしながらそのコストを減らしている点にも特徴があります。

1つは住宅を建てる土地の購入の方法です。住宅を購入する場合の重要な要素となるのがその住宅を建てる土地ですが、ローコスト住宅の場合にはその土地を安く入手し住宅を建築する点に大きなポイントがあります。

ほとんどのローコスト住宅の場合一般的な住宅地ではないところを安く住宅メーカーが購入し、これを自らの手で区画整理し住宅を建設できる場所として利用することが多く、そのため安価に土地を手に入れることができるのです。

さらにローコスト住宅に多いのが平屋ですが、2階建てや3階建ての場合に比べ土台や柱の強度を低く抑えることができると言うメリットがあります。一般的に2階建てや3階建ての場合には相応の重さを支えるための強度を持たせることが必要となり、そのためにしっかりとした基礎工事や住宅の構造をとらなければならず費用がかかるものとなってしまいますが、平屋の場合には1階部分だけをしっかりと支えることができれば良いと言う形になるため資材の節約や構造の簡略化によりコストを下げることができるようになります。

その他にもローコスト住宅の条件としてアフターサービスや保障のレベルを引き下げていると言うものもありますが、必要十分な補償やアフターサービスは充分についていることが多く、実際に住む上では問題のないものが多いのが特徴です。そのため価格が安い理由を把握し、そのポイントをよく理解して選ぶことが重要になります。

ローコスト住宅の大きなメリットは単に安いと言うだけでなく、現代の生活環境に応じたレベルでの節約を行い価格を下げていることが最大のポイントです。

住宅瑕疵担保責任保険とは

住宅を購入する際に注意したい事は、万が一問題があった場合にしっかりとその保証をしてくれることです。住宅は一生の買い物であり、またその商品はほとんどが簡単に取り替えることができないものであるため問題が発生した場合には無償修理やその他の適切な対応を行ってくれることが必要な条件です、

多くの住宅においては瑕疵担保責任保険がつけられています。これは住宅に問題が発生した場合一定の範疇において建築した側が責任を持ってその修理やその他の適切な対応を行うことが義務付けられているもので、あらかじめ知っていたかどうかにかかわらず一定の範疇をあらかじめ取り決めると言う点に特徴があります。

家の場合には見えないところが腐食してしまっていたり、地盤の問題などで家が傾いてしまったりといったトラブルが発生することも少なくありません。これはメーカー側が意図して行っているものではないのは明白で、かつ一定の範疇の中では自然と起こり得るものでもありますが新しく家を購入した人にとっては初めからこのような状態になっておりその修理費用や対応費用が自己負担となるのは非常に心外です。

そのため住宅瑕疵担保責任保険においてはこのような状況に陥った場合に購入者が金銭を負担することなく相応の対応をメーカー側が行うことにより問題を解決すると言う制度になっています。

一般的に住宅瑕疵担保責任については住宅を購入する際に契約書の中においてその範疇が規定されています。ローコスト住宅の場合安かろう、悪かろうと言う感覚を持つ人も少なくありませんが、家は長く住むことを前提に購入するため、ローコスト住宅であっても問題が発生するのは嫌なものです。

また購入後の住宅のトラブルで最も多いのが欠陥住宅と言われる様々な問題についてその責任が明確にならないことです。そのためしっかりと瑕疵担保責任の範疇を書面で確認し納得した上で購入することが重要です。

地盤保証やシロアリ保険があると安心

地盤工事

住宅を購入する際に家が傾いていたり、シロアリに腐食されてしまったりしていると言うことも少なくありません。住宅を建てたときは問題がなかったのに、その後の様々な環境により地盤が変化し家が傾いたり、シロアリが住み着いてしまったりして家が腐食してしまうと言うことも多くなっています。

しかしこの場合特段の契約や保証がなければメーカー側の責任とならないことも多く、大きなトラブルを生んでしまうことが少なくありません。基本的に契約書に記載がない場合損害として成立しないことが多いため、せっかく購入した住宅が自費で直さない限り住むことができないといったトラブルになってしまうこともあります。

そのため最近では地盤保証やシロアリ保険が非常に注目されています。地盤保証は万が一の地盤沈下等により一定の許容範囲を超えて住宅がその価値を著しく下げる場合など、その被害に応じて保証金が支払われる制度です。

ローコスト住宅では本来住宅地ではない土地に住宅を建てることも多く、十分に地盤の状態を確認せずに建築してしまうと家が傾くなどのトラブルが発生することがあります。また周辺の環境等によりシロアリが発生する危険性もあるため、万が一これらの被害にあった際にしっかりとその補償を行ってくれる地盤保証やシロアリ保険があると安心です。

ローコスト住宅の場合良心的なメーカーであればしっかりと地盤の確認やシロアリの問題に対する対処などを行ってくれるものですが、価格が安くするためにこのような対応を省略しているメーカーも少なくありません。しかし地盤沈下とシロアリは住宅にとっては非常に大きな問題であるとともに、非常によく起こりえる問題でもあるのでこれらに対する備えをしっかりと行っておくことが必要です。

そのためローコスト住宅を購入する場合には地盤保証やシロアリ保険について用意されているかという十分に確認しておくことが必要です。

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る