HOME » ローコスト住宅の建築事例の紹介

ローコスト住宅の建築事例の紹介

コストをかけられないからといって、理想の家づくりをあきらめる必要はありません。

費用を抑えるための工夫と、一緒に歩んでくれる良心的なハウスビルダーがいれば、どんなテイストの家でも実現可能。ローコスト住宅の魅力や工夫、デザインの種類などについて解説していきましょう。

ローコスト住宅の魅力とは

多額の費用をかけなくても、住宅を建築できる点がローコスト住宅の最大の魅力。頭金を用意できない…という人や、月々の返済額をできるだけ抑えたい…という方でも、新築一戸建てのマイホームを持つことができます。

しかし、ローコスト住宅のメリットは、単に価格が安いという点だけではありません。予算内で理想の家を建てるためギリギリの工夫や調整が、自分や家族の生活を変えるきっかけとなることがあるのです。

家の間取りや仕様の無駄を省くため、自分自身や家族のライフスタイルについて深く考えることによって、無駄をそぎ落としたシンプルな生活へシフトする1つの転換点となる場合もありますし、次のライフステージへと上がるポイントともなり得ます。

ローコストでも工夫次第で理想の家になる

費用をかけられないことはマイナスの要素であると思いがちですが、意外とそうでもありません。

コストを抑えるために間取りを変更したり、少しでも安い資材を求めて東奔西走するのは、工務店だけではなく施主も同じ。施主自身がマイホームについて考え、知恵を絞って走り回ることで、どんどん理想の家へ近づいていきます。

家づくりを愉しむうちに、マイホームへの愛着が増し、完成した時にはまさに“自分の城”になっていることでしょう。

ローコスト住宅にもいろいろなデザインがある

費用を抑えているとはいえ、家のデザインは画一的なわけではなく、いくらでも自分の夢の形を実現することができます。

素朴なナチュラルテイスト、和風モダンの古民家風、スタイリッシュなモダン住宅、住みやすさを追求したシンプル住宅、外国映画のような輸入住宅など、様々な施工例を紹介しますから、工務店と一緒にイメージをかためていきましょう。

ローコスト住宅の施工例はこちら>>

ローコストならではのシンプルな間取りも魅力

コストを抑える工夫の一つとして、間取りをシンプルにするという方法があります。

家の形はできるだけ四角くし、部屋の数を減らすことで建具や窓の数も減り、費用を抑えることができます。

部屋数を減らすことは、裏を返せば、ひと部屋の面積が広くなり、ゆったりとした空間ができるというわけです。そんな、ローコストならではのシンプルな間取りも、魅力と言えるかもしれません。

ローコスト住宅の間取り例はこちら>>

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る