HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » 実際の費用はどのくらい?家を建てた人の声

実際の費用はどのくらい?家を建てた人の声

家を建てるための費用は、実際にどのくらいかかるものなのか、エリア別に調べてみました。

そもそも、本体価格や総費用にはどのようなものが含まれているのか、建築費用の基礎知識についても学んでおきましょう。

建物の本体価格と総費用とは違う!

住宅メーカーや建築会社を選ぶ際に、一番の参考にするのは坪単価ではないでしょうか。

坪単価は、1坪当たりの建築費がどのくらいかかるかの目安となるものですが、実はとても曖昧な指標です。

大手住宅メーカーの多くは、建物の本体価格だけを延べ床面積で割り算した坪単価を示しており、この価格には特殊な基礎工事や地盤改良、外構工事、上下水道やガスの引き込み費用などは含まれていないようです。要するに、実際の建築費用にはメーカー側が示す坪単価(建物本体価格)には含まれていない“見えない費用”が、次々と加算されてくるわけです。最終的には、建物本体価格の2〜3割増しくらいの金額が、実際の建築に関わる総費用として請求されることになります。

一方、設計事務所や工務店の一部は、建築に関わるほぼすべての工事費用を1坪当たりで割った数字を坪単価として表示していることが多いようです。比較的、総予算を予想しやすい良心的な表示と言えます。

東京・大阪・名古屋・福岡の住宅建築の平均費用

実際に住宅にかかった総費用がどのくらいなのか、エリア別に平均値を比較してみましょう。

国土交通省が発表する建築着工統計などの資料を基に、エリア別の平均延べ床面積と工事費用を紹介します。

  • 東京…木造・平均33.9坪で2,124万円~3,394万円
  • 大阪…木造・平均35.2坪で2,058万円~3,289万円
  • 愛知…木造・平均38.5坪で1,945万円~3,109万円
  • 福岡…木造・平均37.5坪で1,765万円~2,821万円

エリア別・総費用についての口コミ

東京・大阪・名古屋・福岡の各エリアで、ローコスト住宅を建てた方の総費用についての口コミを紹介。エリアごとにどのような違いがあるのか比較します。

【東京】

自然素材を多く使っている「空建築家工房」という工務店で、延床32坪の家を建てました。標準プランは29坪くらいで1380万円からと説明されました。私の場合は自然素材にこだわっていたので、結局2,000万円近くになりました。

空建築家工房の公式HPはこちら>>

【大阪】

多少費用がかかっても、無垢材や珪藻土にこだわった家にしたいと思い「純工房」という工務店と契約しました。延べ30坪の家ですが1,800万円近くになり、外構などを含めると2,000万円ぐらいでした。

純工房の公式HPはこちら>>

【名古屋】

「エヌ・エー・ピー」という工務店で、完全自由設計で家を建てることにしました。収納家具やキッチンもオーダーし、床材などもこだわっていたら、36坪で2,000万円を超える金額に…。

エヌ・エー・ピーの公式HPはこちら>>

【福岡】

「吉源工務店」は、35坪で1,200万円を切る金額で建てられると説明を受けました。確かに、自由設計でも予算内で抑えるように工夫してもらえますし、規格住宅ならもっと安くできるそう。かなり良心的な価格でした。

吉源工務店の公式HPはこちら>>

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る