HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力 » 家を安く建てるために知っておきたいローコスト住宅6つのコツ

家を安く建てるために知っておきたいローコスト住宅6つのコツ

注文住宅を安く建てるための6つのコツ!

注文住宅を建てる場合でも、費用はできるだけ安く抑えたいですよね。

ここではローコスト住宅にするための重要な6つのコツをご紹介します。コストを抑えながら、理想の家を目指しましょう!

 

家の形状はシンプルに!

注文住宅を建てる上で、真っ先に家の形状をイメージする方も多いでしょう。

しかし、凹凸の多いデザイン性に富んだ形状にすると、家のコストは高くなっていきます。建物の形状が複雑になると、その分、強度を補強する箇所が増えるため、多くの材料が必要となり、コストもかかってきます。

それでは、どのような形状がローコストになるかといえば、総2階建ての四角い形をしたシンプルな家になります。平屋建てのほうがコストを抑えることができるイメージがありますが、平屋建ては屋根と基礎面積が総2階よりも広くなるため、総2階建ての家よりもコストがかかるのです。また、総2階建ての家は機能性や断熱性、耐震性にもすぐれているというメリットもあります。

間仕切りはできるだけ少なく!

間仕切りの数が少なくシンプルなほどコストは安くなります。つまり、部屋の数をできるだけ少なくし、広々とした空間のある家にすることで、コストダウンができるというわけです。間仕切りが多いと、それだけ壁やドアが必要になり、その分の材料費や工事費、人件費といった経費がかかります。間仕切りが少なくなれば、その分の諸経費が節約でき、コストダウンにつながるという仕組みです。

また、部屋がオープンになる分、家族とのコミュニケーションが活発になるというメリットもありますね。部屋を減らす代わりにロフトを設けたり、部屋を分けたいときはパーテーションで区切ったりするなど、部屋を使い分ける工夫をするのもよいでしょう。

上下の壁の位置はそろえたほうがローコストに

1階と2階の壁の位置をそろえることもコストダウンにつながります。そうすることで構造上のバランスがよくなり、建物の強度も増すのです。一方、1階2階の壁の位置が異なると、構造材である梁を大きくすることが必要となってきます。その結果、材料費が増え、家のコストが高くなるのです。

建材や設備のグレードを下げる

建材や住宅設備はバリエーションも豊富で、選ぶのも楽しいものです。ところが同じメーカーのシリーズでそろえたり、デザインにこだわれば、コストアップの原因にも…。 特にキッチンやバスルームなどの水回りは種類も豊富で、グレードによって価格も大きく変わってきます。業者に勧められたものに即決するのではなく、「この機能は本当に必要なのか?」と再考してみるのもコストダウンには重要です。

図面と見積書を徹底チェックすることでコストダウンに

図面と見積書は徹底的にチェックしましょう。よく見ると必要ではない設備や省ける工事は意外とあるものです。1つ1つは小さくても積み重ねれば大きなコストダウンにつながります。ライフスタイルや将来設計を頭におきながらチェックしていくとよいでしょう。

材料をそろえて種類を少なくする

家の素材や種類を増やすと、その分多めに発注をかけ、費用が多くかかります。一方、素材や種類をそろえれば、どの部分にも無駄なく使うことができ、コストダウンになります。壁のクロスや床材は部屋ごとに分けず、同じもので統一することで価格を抑えられるでしょう。かえって統一感が出て、センスのよい空間を演出できる、というメリットもありますね。

このように、ローコスト住宅には、安く家が建てられる以外にもいろいろメリットがあります。生活スタイルを見直して、不要な設備からコストダウンをはかっていきましょう。

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る