HOME » どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力

どうしてこんなに安いの?ローコスト住宅の魅力

予算に限りがある方にとって、低価格で建てられるローコスト住宅は魅力的です。しかし、価格を抑えられる仕組みや、メリット&デメリット、注意点などをきちんと知っておかないと、後悔する結果になることも…。

ローコスト住宅に関する基礎知識を学んでおきましょう。

ローコスト住宅のメリットとデメリット

ローコスト住宅の定義は、ハウスメーカーや工務店によって異なります。大まかにいえば、『価格の割に品質やデザインなどが優れている家が建てられる』と感じられた場合が、ローコスト住宅である、と考えることができるでしょう。

メリットやデメリットをまとめてみましょう。

【メリット】

  • 価格が安い
  • デザインや設備はオプション追加すれば好みのものを選べる
  • 工期が短く済む場合が多い
  • 家づくりに積極的に関わって愛着がわく

【デメリット】

  • 標準仕様の間取りや外観がシンプル
  • 標準仕様のグレードが低い場合は追加料金がかさむ
  • 施工管理などに不安があるケースも

安く仕上げられる理由とは?

住宅建設のコストを下げるためには、いくつかのポイントがあります。

家の形や間取りをシンプルにし、壁や窓、室内ドアなどを極力減らすこと。何かと手間や費用がかかってしまう、和室をなくすと費用を削減することが可能です。このように、施主側がライフスタイルの見直しをして、ある程度の妥協をしたり、工夫することでコストを抑えることができます。

また、住宅メーカーや工務店側の努力によって安い価格を実現しているケースもあります。メーカー側が提案している規格住宅なら、使用する建材を大量に発注して安価で仕入れられますし、同じ建物の繰り返し工事なので、品質を落とさずに人件費を極力減らすことができます。

企業側の努力と施主側の工夫や考え方によって、コストダウンが可能となっているのです。

ローコスト住宅の注意点

ローコスト住宅で失敗しないためには、標準仕様としてどのような工事や設備が含まれているのかをきちんと確認することが第一。標準仕様の間取りがシンプル過ぎたり、耐震性や断熱性など、住宅性能が十分でないためにオプション追加が多くなり、最終的にはローコストでなくなってしまう可能性もあるからです。また、工事中に自ら現場に足を運んだりして施工をチェックしないと、不安が残ることも…。

ローコスト住宅を満足のいくものに仕上げるためには、施主自らが積極的に動いてチェックする行動力が必要です。

坪単価を徹底調査!
福岡の最強ローコスト住宅BEST3

吉源工務店

坪単価:32.86万円

自由設計や規格住宅などがローコストで建てられると評判の施工会社です。

吉源工務店の施工事例を
公式サイトで見る

ハウジング・カフェ

坪単価:40万円~

燻煙木材や無垢の木など自然素材にこだわった住宅を手掛けています。

ハウジング・カフェの
施工事例を公式サイトで見る

昭和建設

坪単価:42~43万円

耐久性や断熱性に特化し、高品質な住宅を施工できると評判です。

昭和建設の施工事例を
公式サイトで見る